三橋の森 LETTER 三橋の森スタッフが、日々の出来ごとをお知らせいたします。

スタッフ紹介 ウエディングプランナー 須永友香


 
 
ウエディングプランナーになったきっかけは?

私は元々、千葉にあるラ・クラリエールと同じ会社が運営する店舗にアルバイトとして入りまして、2009年4月に入社しました。まずは挙式当日にお料理を出すサービス担当からスタートし、結婚式当日のキャプテンを経て、ウエディングプランナーになりました。

サービス担当は当日がメインとなるので、一日を通して結婚式のゲストに「いかに心地良く過ごしてもらうか」が重要という印象がありました。一方、ウエディングプランナーは、お二人と何ヵ月もお付き合いをする仕事です。結婚式当日への思い入れは、やはりウエディングプランナーになってからのほうが強いですね。
 
 
ラ・クラリエールのウエディングプランナーの仕事として特徴的な点はありますか?

お二人が会場見学でお見えになった日から挙式当日まで、1人が担当するのは特徴的かもしれません。当日のご案内からご契約までを担当する営業と、結婚式の内容を決めていくプランナーが分かれている会社さんも多いと聞きます。

ラ・クラリエールは「結婚式から始まる一生のお付き合い」がコンセプトなので、その理念を大切にしています。

実際にラ・クラリエールでは、プランナーとお客様のつながりがすごく強いです。私の場合、5年以上前に式を挙げられた方から、いまだに年賀状をいただいていますし、挙式後もお客様とプライベートのお付き合いのあるスタッフもいますね。
 
 
ウエディングプランナーとして担当した中で、印象に残っている結婚式を教えてください。

ご新郎様で、高校時代に甲子園に出られた方がいらっしゃいました。ウェルカムグッズに、甲子園に出られたときのお写真やユニフォーム、阪神甲子園球場の砂をご用意されていたんですね。

当然、会場への入場曲も、夏の大会の行進曲。そこまでやるのであれば…ということで、甲子園の開会式で女子高生が高校名のプラカードを持って行進するように、「私がプラカードを持ちましょうか?」と提案したんです。お二人もこの提案をすごく気に入ってくださり、当日は両家のお名前を書いたプラカードを持って、お二人といっしょに行進しました。
 
 
須永さんはご結婚を機に一度退職されていますが、なぜ、ラ・クラリエールに復職されたのですか?

私は、ラ・クラリエールに異動になる前に勤めていた「チェルシーコート」がとても気に入っていました。いわゆる、結婚式らしい豪華な雰囲気のチェルシーコートに対して、ラ・クラリエールは素朴な雰囲気なので、その違いに最初は戸惑ってしまった部分もあったんです。
しかし、試行錯誤しながら懸命に働く立ち上げスタッフの仕事ぶりを、純粋にカッコいいと思うようになりました。そういった姿を見ているうちに、段々と会場への愛着が強まっていきました。

その想いがさらに強くなったのは、立ち上げ時のスタッフが徐々に入れ替わるようになったころです。「ラ・クラリエールが始まった当初の想いを、私がしっかり伝えていかなければならない」という責任を感じ、今でもこうしてラ・クラリエールに携わっています。
ちなみに、自分の結婚式もラ・クラリエールで挙げました!

これからもオープン当初の想いやコンセプトを大切にしつつ、お客様の声を聞き、スタッフ同士で協力し合って、ラ・クラリエールをもっとご満足いただける会場にしていきたいです。
 

ラ・クラリエールで結婚式をご検討の方
ブライダルフェアへ(無料)

 

 

ウエディングプランナー 諏訪さゆりウエディングプランナー 須永友香
料理長 北井 薫パティシエ 斉藤亜美フローリスト 山本恭子スタイリスト 野原冴香

 

2017年10月31日(火) | スタッフ紹介

スタッフ紹介 ウエディングプランナー 諏訪さゆり

諏訪さゆり
 
 
ラ・クラリエールではどのようなお仕事を担当しているのでしょうか?

ウエディングプランナーとして、初めの会場見学のご案内から結婚式当日のサポートまで、結婚式を挙げるおふたりを全面的にサポートしています。

ラ・クラリエールでは、基本的に見学のご案内を担当した者が、結婚式当日まで担当させていただきます。初めのご案内はわずか3時間弱ですが、その中でおふたりの人生のストーリーを伺い、さまざまな提案をさせていただきます。ラ・クラリエールの会場を気に入っていただけたときはもちろんですが、「当日までの担当をぜひお願いします!」とお言葉をいただいたときは、本当にうれしかったですね。

ご見学に来られる段階では、式を挙げること自体悩まれている方や、結婚式に対して不安を持っている方もいらっしゃいます。そのようなお客様にも、結婚式を具体的に想像していただけるようにお話ししたり、心の中にある不安を言葉にできるようなサポートをしたり、おふたりにとって一番いい決断ができるようにしています。
 
 
ウエディングプランナーになったきっかけは?

私は、元々接客業が好きで、このラ・クラリエールも結婚式場としてではなく、保育園やレストランもある複合施設の一部として興味を持ちました。挙式当日にお料理を提供したり、外回りのご案内をしたり、サービス担当として働いていました。

サービスでの経験を経て、自分の中でまだまだ成長したいという想いが明確になり、ウエディングプランナーを志しました。サービス担当は、当日招待されたゲストの方を中心に接客をする仕事ですが、プランナーは新郎新婦様と半年以上ごいっしょします。立場が変わることで、以前とは違った目線で結婚式に携わることができました。
 
 
ウエディングプランナーとして担当した中で、印象に残っている結婚式を教えてください。

ガーデン挙式をご希望の方だったのですが、「ガーデンでワンちゃんと挙式を挙げたい!」「出会ったきっかけのグッズをパーティーに取り入れたい!」「ドレスコードを設けたい!」「親族様は挙式のみ参加、披露宴はご友人中心で過ごしたい!」など、通常とは異なるご要望がいくつかありました。

どうしたらおふたりの想いを形にできるかなと考え、「通常のコース料理を崩し、前半はビュッフェスタイルにしてみよう」「おふたりの大切なワンちゃんに結婚の承認役になってもらおう」「おふたりの出会いのきっかけをプランナー・カメラマンもドレスコードに取り入れておふたりを驚かせよう!」と計画をしました。
私自身もおふたりのパーティーに参加させてもらっているような感覚で、とてもアットホームな新しいスタイルの結婚式となりました。
今までコース料理を崩したことが一度もなかったので、これはかなりチャレンジでしたね。

私個人も動物は大好きなので、動物といっしょにお式を挙げたい方は、ぜひご相談いただきたいです!
ワンちゃんのほか、アルパカがお庭に登場する式も担当しました。アルパカのお式は、指輪交換のタイミングで、首にリングをつけたアルパカがガーデンに登場して、ゲストの皆様も驚いていました。その結婚式も、かなり印象に残っていますね。

 
 
ウエディングプランナーとして大事にしていることは何ですか?

1つは、おふたりのストーリーを伺って、理想の結婚式を具体的に提案していくということです。
あとは純粋に、「人の幸せのお手伝いをしたい」という気持ちですね。すべてはそこから始まると思います。

私は学生時代に飲食店でアルバイトをしていたのですが、シェフとお客様のあいだに立って、料理人の想いを届けるサービス業が大好きでした。人と人をつないで、幸せな時間を作る仕事ですね。ウエディングプランナーも、おふたりの想いをシェフや各スタッフに届けて、そして当日はおふたりの想い描いた空間を、ご招待されたゲストの方へさまざまな形にしてお届けする仕事です。
たいへんなときもありますが、おふたりの理想どおりの結婚式をいっしょに実現したいという気持ちがあるからこそ、やりがいを感じられるのだと思います。

 
 
ラ・クラリエールでの結婚式を考えている方にメッセージをお願いします。

ラ・クラリエールはとても自由度が高く、おふたりがやりたいことを実現できるようにサポートができる式場です。先ほどもお客様のご要望に合わせてコース料理を崩してご提供したという例をご紹介しましたが、そういった新しいスタイルには、私自身どんどん挑戦したいと思っています。「今までの結婚式の枠にとらわれない結婚式がしたい、でも難しそう…」と思っている方には、ぜひラ・クラリエールにお越しいただきたいです。
そして、ラ・クラリエールは結婚式だけでなく、レストランやカフェ・保育園や七五三など、何度でも帰ってこられる場所でもございます。いつでも帰ってこられる、ホッとする場所、そんなお家のような場所になると思います。ラ・クラリエールが皆様のもうひとつのHOMEとなれる日を、私も心よりお待ちしております。

 

ラ・クラリエールで結婚式をご検討の方
ブライダルフェアへ(無料)

 

 

ウエディングプランナー 諏訪さゆりウエディングプランナー 須永友香
料理長 北井 薫パティシエ 斉藤亜美フローリスト 山本恭子スタイリスト 野原冴香

 

2017年10月31日(火) | スタッフ紹介

Happy Halloween☆

三橋の森レターをご覧の皆さま こんにちは
本日は 台風のあとということもあり
雲一つない晴天でございますね

秋風が これから訪れる冬を感じさせるものとなって参りました
気温の温度差が激しい季節ですので
温かく過ごされてくださいね

明日はハロウィン本番ですね!

クラリエールの館内にあります
三橋の森保育園では 仮装をした園児たちがぞろぞろと館内をお散歩しておりました
色とりどりの可愛らしい姿に プランナー一同癒されております

さて、皆様はハロウィンウェディングにご参列されたことはございますか

ウェルカムドールを ぬいぐるみではなく
蝶ネクタイや花冠をつけたパンプキンにしてみたり
会場内をハロウィンカラーのガーランドに飾ってみたりと
クラリエールでも ハロウィン使用のウェディングがぴったりです

ぜひ皆様のご結婚式にも 季節ごとのイベントを取り入れてみてください♪

2017年10月30日(月) | 三橋の森LETTER

Weekday Wedding

三橋の森レターをご覧の皆さま
こんにちは

本日 ご結婚式を挙げられたおふたりの素敵な一日をご紹介させて頂きます

秋晴れの中 大切なゲストの方と多くのお時間をガーデンにてお過ごしになられました☆

すべてガーデンでのビュッフェ形式で
休憩が出来る様に室内に着席ブースも設けました

ゆったりとしたアットホームなパーティでした

平日は1組様限定でございますので
本日のおふたりのようなイベントも可能でございます

ご興味のございます方はぜひプランナーへお問い合わせくださいませ

2017年10月26日(木) | 三橋の森LETTER

台風一過!!

三橋の森レターをご覧の皆さま
こんにちは

本日は昨日までの雨がウソのような
お天気でしたが 皆さまいかがお過ごしでしょうか

雨続きだった先週末ですが
雨の日のご結婚式には
・天がふたりの代わりに涙を流す
・幸せが降り注ぐ
などの素敵な言い伝えをご存知でしょうか?

祝福のフラワーシャワー、ライスシャワーなど
新郎新婦をみんなの祝福で包んでくれる素敵なもの
レイニーシャワーだって恵みの雨で新郎新婦を
包んでくれる神さまからの贈り物と考えたらHappyな気持ちになれますよね

ゲストの方に受付で傘にメッセージを書いてもらい
その傘を持って入場など
雨の日ならではの演出も素敵ですよね♪

ご希望の演出がございましたら
是非お話しを聞かせてくださいね♪

2017年10月23日(月) | 三橋の森LETTER