Letter

三橋の森レター

三橋の森のスタッフが 
日々の出来ごとをお知らせいたします 

sugahara glass

お越しいただいた大切なゲストの皆さまに

贈るギフト

ぜひ 日常でもゲストの皆さまに使って頂けるものを贈りたいものですね

ギフトの中でもクラリエールスタッフのおすすめ!
菅原工芸硝子さんを今日はご紹介です!

実は先日 九十九里にある菅原工芸硝子さんの工場へ
クラリエールスタッフで見学に行ってきました!!

「日常の暮らしを心地よく」をモットーに

職人さんたちの手によって
すべての作品がハンドメイド!

職人の想いが伝わる こだわりの作品が出来るまでをご紹介させていただきます!

釜の温度は1400度
真っ赤になったガラスの素が職人さん達の手から手へ渡っていき
次から次へとカタチを変えていきます

作品のデザインは 日々思考錯誤しながら職人さんたちが作りあげています
そのためsugaharaの職人さんたちはデザイナーと呼ばれています!

灼熱の液体であるガラスの一瞬を捉えカタチにしていきます

カタチが出来たグラスに持ち手の部分を
職人の技を間近で拝見させていただきました!

命を吹き込まれたガラスたちは
一度冷却レーンに乗せ 3時間かけて冷まします

息を吹き込んでいた上の部分を取り グラス表面を滑らかにする工程

そしてようやくカタチになったグラスたちは
再度 釜の中へ2日間・・・強度を高める為だそうです

そして完成へ・・・☆

職人さん達がひとつひとつ丁寧にこだわりぬいてつくりあげてきた
ぬくもりを持った作品がこうして完成しているのでした!

見学の後は工場敷地内にありますsghrカフェへ☆

次回カフェの様子をご紹介させて頂きますね!

菅原工芸硝子の皆さま ありがとうございました

そんな心のこもった 世界に1つだけのsugahara glassを
大切な方々へのギフトとして 贈ってみるのはいかがですか

2012年12月6日(木) 結婚式のこと , ラ・クラリエール