Restaurant Wedding

レストランウエディング

レストランウェディングのドレス選び
参列者の衣装・服装

About Restaurant Wedding

レストランウェディングのドレス選び参列者の衣装・服装

レストランウエディングに参列するときのファッションは?

LA CLARIERES'S GARDEN Wedding

新婦のウエディングドレスと同じように、どのような会場であってもフォーマルのスタイルはそこまで変わりません。ただ、レストランウエディングの傾向として、ホテルウエディングなどよりはカジュアルでアットホームな雰囲気の結婚式になることが多い傾向があります。
そういった場合、ゲストはどのようなファッションにすればいいでしょうか。

フォーマルといえば着物。レストランウエディングにはあり?なし?

ゲストよりもご親族、特に親御さんに多いのが着物の着用です。
全体的にカジュアルでアットホームな結婚式が多いラ・クラリエールでも、まだまだ親御さんの半分ほどは留め袖を着られています。「せっかくなら着物を着たいけれど、洋装のほうがいいかしら」と悩まれたら、迷わず着物を選んでいただいて問題ありません。
最近の傾向では、レストランウエディングのゲスト全員が洋装ということも多くあります。ルールがあるわけではありませんので、お好きな物を着ていただければと思います。

ゲストの服装はどこまで着崩してOK?

レストランウエディングですと、お二人からゲストに「平服でお越しください」というアナウンスがあることも多いです。平服というのは、いったいどんな服装のことなのでしょうか。

平服とは、「礼装でなくとも構わない」という意味合いで使われています。礼装は、モーニングやイブニングドレスなどの正礼装とタキシード、フォーマルドレスなどの準礼装を指しています。
ですので、平服の場合は準礼装よりもさらにカジュアルにした略礼装にすればいいでしょう。

男性の略礼装は、ブラックまたはダークカラーのスーツ、白シャツ、黒靴といった出で立ちです。
夏場は、ジャケットを羽織らない方もたくさんいらっしゃいます。

ゲストとの距離が近いラ・クラリエールのレストランウエディング

しかし、ここはラ・クラリエールのレストランウエディング。
新郎様がデニム素材のジャケットを選ぶことも多く、ゲストももう少し着崩しても問題ありません。派手すぎなければ、カラーシャツ、柄入りシャツ、黒以外の靴にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

女性の略礼装は、スーツスタイルはもちろんのこと、無地のワンピースにストールやボレロ、ジャケットなどを合わせてもいいでしょう。

レストランウエディングでは、もう少し日常の洋服に近づけても失礼にはあたりません。
カーディガン、普段使いのアクセサリー、バイカラーのワンピース、ツーピースを選ぶ方もいらっしゃいます。

カジュアルな服装でも参列できるレストランウエディング

程良くおしゃれにカジュアルダウンするには

HAPPY GARDEN WEDDING

フォーマルを着崩すと考えると、難しく感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
ウエディングプランナーが教えるおしゃれなゲストのファッションのポイントを見ていきましょう。

まずは女性です。ワンピースが主流ではありますが、パンツスタイルの女性は特にスタイリッシュに見えます。
フォーマルすぎずおしゃれな印象を与えたいなら、パンツスタイルに挑戦してみてもいいのでは。

男性は蝶ネクタイを選ぶと、遊び心があっておしゃれな印象を与えられます。会社勤めの場合、自然とネクタイを選びがちですが、気心の知れた新郎新婦のレストランウエディングだからこそ、首元で遊んでみても素敵でしょう。
夏場はジャケットを羽織らず、サスペンダーのみという方もいらっしゃいます。何かをプラスするよりも引き算をするほうが、会場で引き立ちます。

あまり堅苦しく考えず、自分が心地良く楽しく過ごせて、きちんと感もある服を選んでください。