Introduction of Staff

ラ・クラリエールのスタッフ紹介

スタッフ紹介 「三橋の森保育園」保育士 大島真衣

「三橋の森保育園」保育士 大島真衣

 

ラ・クラリエールに「三橋の森保育園」がある理由は?

ウエディング会場と保育園って、確かに結び付かないですよね(笑)。でも、それにはきちんと理由があるんです。

これは弊社の代表のアイディアなのですが、代表は元々ウエディングプランナーをしていて、その当時お客様とお話ししている中で、「結婚後に子供ができたら仕事を辞めなければならない」という話を多く耳にしたらしいんです。そのときに、「子供を生んだから仕事を辞めなければならないのはおかしい。だったら、うちで保育園を作って子供を預かればいい」と思い立ち、この「三橋の森保育園」をはじめとした弊社の保育事業が始まりました。

「ラ・クラリエールで挙式された方が帰ってこられる場所」というコンセプトで、「三橋の森保育園」のほか、2017年時点で都内に保育園が3つあり、2018年の4月には千葉県流山市にもオープンする予定です。

 

「三橋の森保育園」では、どれくらいのお子さんを預かっているのですか?

定員32名のところ、現在は30名のお子さんをお預かりしています。0歳児は今預かっていないのですが、1歳児が9人、2歳児が6人、3〜5歳までが15人で、その子たちを15名のスタッフで見させていただいています(2017年11月現在)。

スタッフの中には調理担当もいて、オリジナルの献立で毎日作り立てのお昼ごはんが食べられるんですよ!

 

「三橋の森保育園」の魅力は?

お預かりしているお子さんの人数に対する保育士の数が充足して手厚さがあることや、今申し上げたような温かい食事ももちろんですが、やっぱり身近に森があったり、ウエディング会場があったりする環境は最大の魅力だと思います。

保育園は建物の2階にあって、窓からは緑が一面に見えますし、お庭に出れば、春は桜がきれいですし、夏はセミを捕まえたり、秋は落ち葉やどんぐりを拾ったり、冬は雪が降ると雪遊びをしたり…。四季を通して、いつでも自然とふれ合えるというのは、子供たちにとってすごくいい環境だと思いますね。

また、敷地内にはウエディングプランナーやシェフ、ウエディングでいらっしゃったお客様など、保育士以外の大人が行き来しているというのも、ほかの保育園にはない特徴です。皆さん声を掛けてくれますし、子供たちも積極的に挨拶していますよ。

 

「三橋の森保育園」保育士 大島真衣

 

ここに通う子供たちにとってプラスだと思うことは?

毎月1回、その月に誕生日を迎える子のお誕生会を開くのですが、そのときはラ・クラリエールのシェフが手づくりしてくれたお料理が出るんです。また、パティシエさんが作ってくれたケーキを、目の前で切り分けてくれます。その様子を子供たちが、目をキラキラさせて見ているんです。

やっぱり、さまざまな仕事をしている大人が近くにいるというのは、子供たちにとってもすごくプラスになっていると思います。ラ・クラリエールの中には、シェフやパティシエのほかにも、パン職人さんやカフェのスタッフ、婚礼がある日はドレスを着ているお姉さんも見られるので、将来の夢が膨らむんですよね。「大きくなったらパティシエになりたい」と言っている子もたくさんいます。そういうところも、「三橋の森保育園」ならではだと思います。

 

「三橋の森保育園」で働いて良かったと思うところは?

私は以前、幼稚園で働いていたので3〜5歳児をお預かりする職場だったのですが、保育園は0歳児や1歳、2歳の子供たちもいるんです。そうすると、0歳児からお預かりしているお子さんだったら、歩けるようになった、しゃべれるようになったとか、一つひとつの成長を間近で感じられて、卒園するときにはもう家族の一員のような感覚になるんですよね。

「三橋の森保育園」では、1歳と2歳、3〜5歳とクラスが3つに分かれていて、それぞれ担任の保育士もいるのですが、室内は仕切りがなくてフラットな状態になっています。ですから、保育士全員で子供たち全員を見ている感じなんです。

保育士たちも、保育園で起きていることはすべて共有していくという意識が高いですし、子供たちも、例えば小さい子ができないことを年長さんが見てあげるとか、とてもオープンな環境なので、この保育園で働くことができて良かったなと日々感じています。

 

ラ・クラリエールで結婚式をご検討の方

まずはブライダルフェアへ(無料)

ウエディングプランナー 諏訪さゆり

2018年12月10日(月) スタッフ紹介