Introduction of Staff

ラ・クラリエールのスタッフ紹介

スタッフ紹介 サービススタッフ 三村愛莉

サービススタッフ 三村愛莉

 

サービススタッフはどんなお仕事をするのですか?

一般的にサービススタッフは、披露宴会場でお料理やお飲物を提供する係をイメージされるかと思いますが、ラ・クラリエールには、ゲストの方々のご来館からお帰りまで、披露宴以外の時間のご案内をするグループもあります。挙式の際は、この2つのグループが動いていて、私は後者の披露宴以外の時間にゲストの方々をご案内するグループに属しています。

打ち合わせ等で何度もご来館いただいている新郎新婦のお二人とは対照的に、挙式や披露宴に参列されるゲストの皆さんは、その日に初めてラ・クラリエールに足を運ばれる方がほとんどです。ですから、正門にはスタッフが常駐してお出迎えするのをはじめ、控え室の場所や受付のご案内など、初めての方でも安心してお過ごしいただけるよう心掛けています。

 

この仕事を選んだ理由は?

元々は、私自身が結婚というものにすごく憧れていたのがきっかけです。結婚は一生に一度のことで、挙式も一組一組すべて違いますよね。そんな、毎回違う式を見られるのが楽しそうだなと思ったのと、幸せな瞬間に自分も立ち合えるというか、あの幸せな空間に自分もいたいという思いがあって選びました。

実は、将来的にはウエディングプランナーになりたいと思っているんです。でも、ウエディングプランナーの仕事は、現場を知らないとできないことがほとんどなので、まずは現場のことを学ぶのが先ですね。それに、今の自分には現場でやるべきことがまだまだあると思っています。

 

実際にサービススタッフとして働いてみていかがですか?

私たちのグループの場合、ゲストのほか、新郎新婦の親御さんや受付係の方などとふれ合う機会が多くなります。例えば、新婦のお父様を挙式のリハーサルにご案内したり、両家の親族紹介のご案内をしたりといったこともするのですが、ご案内したあとに感謝の言葉をいただけるのが本当にうれしくて。

リハーサルのときは、「失敗したらどうしよう」と、すごく緊張されているお父様もいらっしゃいます。そんなときは、「堂々としていれば間違えてもばれませんよ」なんて、冗談交じりにお話しして、緊張がほぐせたらと思っています。

サービススタッフの仕事は、スムーズに物事を進めるだけじゃなく、誰かの心や場の空気を温めるような、心のこもったサービスが大切だと思っています。

 

サービススタッフ 三村愛莉

 

お仕事の中で大切にしていることは何ですか?

一番意識しているのは、「結婚式に失敗は許されない」ということです。新郎新婦のお二人だけでなく、ゲストの方々全員が楽しみにしているイベントなのに、そこで私たちが失敗をしてしまったら、せっかくのお気持ちが台無しになってしまいますよね。

ですから、防げることは未然に防ぎたいなと、毎回気持ちを引き締めて臨んでいます。披露宴会場のサービススタッフは、グラスが欠けていないかなど前日にもチェックはしていますが、当日もすべてチェックし直していたり。担当によって役割は変わるものの、全員目指していることは同じなので、お互い声を掛け合いながら、いい結婚式になるように力を合わせてがんばっています。

 

この仕事のやりがいとは?

この仕事に就いてからしばらく経ったころ、先輩に「サービスに正解はないから、お客様一人ひとりに対してご案内の仕方を変えなくてはならない」と言われたことがあるんです。その言葉で、ただ丁寧に接客すればいいだけじゃないことに初めて気付きました。

挙式に参列されるゲストは、小さなお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで、幅広くいらっしゃいます。年齢や性別などによって、簡潔にご説明したほうがわかりやすい方、しっかりご説明したほうがいい方など、人それぞれだと思います。ですから、相手の方をきちんと見て、その方に合った接客をするのが本当のサービスなんだと考えるようになりました。

たくさんのゲストがいらっしゃる中で、一人ひとりに適したサービスを行うのは難しいですが、だからこそやりがいがあります。それに、いろいろな方とお話しできるのはすごく楽しいので、ゲストの方々とのちょっとした会話も、自分のモチベーションにつながっていますね。

 

ラ・クラリエールで結婚式をご検討の方

まずはブライダルフェアへ(無料)

「三橋の森カフェボスケ」ブーランジェ 河野里香

2018年12月10日(月) スタッフ紹介