Tree Garden

ツリーガーデン

願いに合わせて表情を変える
ツリーガーデン

樹齢100年のシンボルツリーに見守られた緑豊かなガーデンでの
プランナーの思い出に残る挙式事例や、四季折々の美しさを見せる
ラ・クラリエールのガーデンの魅力をお伝えします。

Garden

ガーデン

「今だけ、私だけ」の挙式を —
願いに合わせて表情を変える
ツリーガーデン

大宮駅からタクシーで10分ほど走った住宅街の一角に広がる、深い緑の森。
まるで現実とおとぎ話の境界線のように延びる白い柵の奥を、
こぼれ落ちそうなほど豊かに茂った木々の葉が優しく包み隠しています。
その木々に守られて、森の中央に広がるのが「ツリーガーデン」。
ありのままに、自分たちらしい挙式がしたいというお二人の願いを叶える空間です。

樹齢100年のシンボルツリーに見守られたガーデンウエディング

四季折々の表情を見せる
ツリーガーデンで
オリジナルの挙式を

ORIGINAL WEDDING

明るい日差しの下で行うツリーガーデンでの挙式

Summer 明るい日差しの下、
ツリーガーデンでの挙式。

ガーデンウエディングの魅力は、そこに立つ季節や時間帯、気候によってさまざまな表情を見せる自然。桜吹雪の下での挙式と、夏の涼しい夕暮れの挙式では、まったく雰囲気が異なります。
南欧の森を思わせるたくさんの木々と、一際目立つ樹齢100年のシンボルツリーが、四季折々の美しさで出迎えてくれるでしょう。
シンボルツリーである桜の木は、戦火に耐え、いくつもの自然災害を乗り越えて生き抜いてきた堂々たるたたずまい。明治時代から地域の人に愛され、親しまれてきました。

満開の桜の下で行うガーデンウエディング

Spring 満開の桜の下、
永遠の愛を誓う。

桜は、人生の転機を彩る花。
ラ・クラリエールの一部となった今もなお、シンボルツリーは
三橋の森の中心から三橋の街を見守り、これからの人生をともに
歩もうとするお二人の上に心地良い木陰を作ってくれています。

桜咲く春、新緑の夏、紅葉の秋、寒さに耐えて凛と立つ木そのものの美しさを感じさせる冬 —
一日として、同じ日はありません。
今を生きるシンボルツリーに見守られ、二人だけのオリジナルのウエディングが叶う場所。
それがラ・クラリエールのガーデンなのです。

ありのままの自然に包まれて過ごす、
忘れられない一日

AN UNFORGETTABLE DAY

ガーデンにあるのは、シンボルツリーをはじめ、さまざまな種類の木々が生い茂るありのままの自然。
素朴さの中にこそ宿る本質を大事にするため、
そして、そこで愛を誓うお二人に何よりも輝いていただくために、
あえて手を加えすぎないようにしています。

Autumn 紅葉の中でのガーデンウエディング
紅葉のガーデン
Winter 冬:緑に飾られらたガーデンウエディング
緑に彩られたグリーンのアーチ

そんなシンプルな庭だからこそ、
挙式のバリエーションは無限大。

お二人を囲むようにゲストが座る椅子を並べるアットホームなセレモニーや、
桜の木の下、祝福のバブルシャワーに包まれる演出も人気です。

ガーデンを組み合わせることも

メインのツリーガーデンのほか、2つの披露宴会場にもそれぞれ専用の庭があり、
立食パーティーや歓談の場として使うことができます。
ガーデンを組み合わせることで、挙式や披露宴だけをガーデンで行うことも、
挙式から披露宴まですべてをガーデンで過ごすことも可能です。

大人数ウエディング会場 「カンティーヌ」
大人数ウエディング会場 「カンティーヌ」
×
少人数ウエディング会場 「ペルショワール」
少人数ウエディング会場 「ペルショワール」

「青々とした葉の下で、太陽の光を浴びながら」
「夜、大人のパーティーのような雰囲気で」
「大人も子供も賑やかに楽しめるフェスのように」

こんなことができたらいいな、こんな風に記憶に残る一日を過ごしてみたいというイメージがあれば、
ぜひプランナーにお申しつけください。
ラ・クラリエールのプランナーは、ガーデンの特徴と魅力を知り尽くしたスタッフばかり。
お二人の思いや理想が形になる、唯一無二のウエディングを、いっしょに作っていくことができます。

プランナーの思い出に残る
ガーデン挙式

MEMORIES

光が降り注ぐガーデンウエディングでのパーティー
緑に彩られたグリーンのアーチ
一つひとつの挙式と
真摯に向かい合っています。
「できません」と言わない。
前例のない試みを楽しむ。
不可能に思えることも、なんとか実現できる道を探す。

「ガーデンでこんな夢を叶えたい」というお二人の思いを受け止める
プランナーは、いつも「どうすれば理想を実現できるか」を考えて、
一つひとつの挙式と真摯に向かい合っています。

プランナーK夜、神秘的な雰囲気での
ガーデンパーティー

ツリーガーデンで夜の2次会パーティー ツリーガーデンで夜の2次会パーティー

音楽とお酒が好きなお二人からのご要望は、「フェスのような雰囲気で、参列してくれた人たちといっしょに楽しめるパーティー」。
季節は木々が色づき始める9月、心地良い秋風が吹き始めたころでした。時間は、すっかり日が落ちて暗くなった夜。
照明の中に木々を浮かび上がらせて、音楽とお酒を楽しみたいとのこと。

これまで挙式場所として使ってきた ツリーガーデンで、夜の2次会パーティーはこれが初めて。前例のないことなので、実現するためにやるべきこと、必要なことを、お二人といっしょに洗い出していきました。
一番気を使ったのは、夜、音楽を流してパーティーをすることによって、近隣にご迷惑をおかけしないようにすること。
ご近所の皆様にご理解とご協力をお願いするとともに、マイクを使わず弾き語りにすること、セットリストは落ち着いたものにすることなど、パーティーの内容も時間と場所に合わせて練っていきました。

当日、ゲストには芝の上に敷いたラグにゆったりと座っていただき、パーティーがスタート。
落ち着いた照明のもと、優しい音楽が流れる上質な大人の空間が広がり、ゲストの皆様からは「おしゃれで、今まで経験したことのない挙式だった」というお言葉をいただきました。
お二人にもとても気に入っていただけましたし、プランナー自身、「こんな演出ができるんだ」という新しい発見があり、とても印象に残っています。

かけがえのない一日に寄り添えるよう、
力を尽くしていきたい。

プランナーとしていつも心掛けているのは、お二人のご希望や理想に対して、「それはできません」とは絶対に言わないこと。
どうすればお二人の夢を実現できるか、満足していただける挙式に近づけるかを常に考えて工夫していますし、前例がなくても、なんとかできる方法を探すようにしています。

漠然としたイメージはあるけれど、どう形にしていいかわからないというお二人には、こちらから「挙式の結びだけガーデンにしてみては」「満開の桜を活かして、こんな演出はどうでしょう」といったご提案をすることもあります。
かけがえのない一日に精一杯寄り添えるよう、これからも力を尽くしていきたいですね。

夜の神秘的なガーデンウエディング

プランナーSお馬さんといっしょに
誓ったガーデン挙式

お馬さんとともにガーデン挙式 ※こちらはイメージ画像になります

新郎新婦、ともに北海道出身で、幼いころから親しんできたお馬さんといっしょに挙式をしたいというご希望でした。もちろん、これまでお馬さんがラ・クラリエールのツリーガーデンに入ったことはありません。

心配だったのは、住宅街の一角にあるラ・クラリエールで、お馬さんの動線や待機場所を確保できるのかということ。また、お馬さんが芝生に入ることによる影響や、挙式のあいだのお世話をどうするか、食事はどのくらいの量をどんなタイミングであげたらいいのかといったことも、細かく確認してスタッフ間で共有しておく必要がありました。打ち合わせの期間は約半年。ほかのプランナーやスタッフにも協力してもらって準備を整え、近隣へのお願いも済ませて、当日を迎えました。

式当日は、新郎新婦がそれぞれ大きなお馬さん2頭に乗って入場。
緑の森に正装のお二人が映えて、まるで物語の1ページのような非日常感でした。 美しいお二人とかわいらしいお馬さんが登場した瞬間、参列してくださった皆様から感嘆の声がもれたのを覚えています。お馬さんも、アーチをうまくくぐれないなどハプニングもありつつ、ツリーガーデンまで上手にお二人を運んでくれました。

大きなお馬さんは挙式までの参列でしたが、結婚指輪を運ぶ大役をこなしてくれたリングポニーは、お色直しまでその愛らしい姿をガーデンにとどめてくれていたことも、良い演出になったと思います。
終始なごやかで、お二人らしい挙式だったというお声をたくさんいただきました。

思いを実現する演出の
バリエーションは無限大

プランナーは、お二人の願いを叶えられるよう力を尽くすことをいつも心掛けています。
お二人やゲストから「良い結婚式だった」と言ってもらえると、どんな苦労も吹き飛んでしまいます。
これからも、たくさんの願いに寄り添って、幸せな時間を作るお手伝いをしていきたいです。

願いに合わせて表情を変えるガーデンウエディング 願いに合わせて表情を変えるガーデンウエディング