Restaurant Wedding

レストランウエディング

いつも通りのおふたりで

大切なゲストに行き届いたサービス
おいしいお料理でおもてなし
飾りすぎないおふたりの姿は
誰もが笑顔こぼれるひとときを

About Restaurant Wedding

レストランウエディングとは

レストランウエディングは、身近な方への感謝の気持ちを、アットホームな雰囲気の中で伝えることができます。
レストランという小規模な空間では、一般的なウエディングに比べて、お二人とゲストのコミュニケーションもより密になります。
レストランウエディングはどのような形式で行われるのかお伝えしていきましょう。

アットホームな雰囲気が魅力のレストランウエディング

レストランウエディングという
結婚式のスタイル

STYLE AND CHARM

レストランウエディングは、一般的に「レストランを結婚式の会場として使用する」という意味合いで使われています。
これは、比較的新しいスタイルとされており、「両家の会食程度の小規模な結婚式にしたい」「アットホームな空間で大事なゲストとおいしい料理を楽しみたい」といったご意向を持った方が選ばれることが多いです。

会場のレストランについて

レストランウエディングの会場には、街中のレストラン、ホテル内のレストラン、そしてラ・クラリエールのようなゲストハウス内のレストランなどがあります。
普段、レストランとして営業している建物では、専門式場のように付帯設備やサービスが整っていないこともあります。列席者へのおもてなしはもちろん、お二人がカメラマンさんやメイクさん、お花屋さんの手配を行わなくてはならない場合もあります。

3種類の挙式スタイル

挙式には、神社や神殿で行う「神前式」、チャペルなどで牧師の前で誓いを立てる「教会式」、列席者が証人となる「人前式」があります。
街中のレストランでチャペルが併設されていないところでは、お二人が教会や神社などで別に式を挙げる必要があります。また、レストランについているお庭でガーデン挙式を行う会場の場合、雨が降ってしまうと披露宴会場であるレストラン内で人前式を行うことになる場合もあります。

ラ・クラリエールで行うレストランウエディングの挙式スタイル

ラ・クラリエールのレストランウエディングに
おける挙式スタイル
ラ・クラリエールでは、挙式をする場所を2つの場所から選ぶことができます。
1つは、桜のシンボルツリーがある「ガーデンでの挙式」、もう1つは「チャペルでの挙式」です。それぞれ教会式や人前式など、挙式スタイルは自由に選べます。
親族のみで海外挙式を行い、会食や1.5次会にレストランを使用するカップルも年々増えていますが、ラ・クラリエールでは少数派。海外挙式を済ませた方でも、ここでは改めて挙式から行う方が多く見受けられます。

ラ・クラリエールのレストランウエディングの魅力

LA CLARIERES'S GARDEN Wedding

ラ・クラリエールでレストランウエディングを行う場合、32名様(お二人を合わせて34名様)までご着席いただける「ペルショワール」という披露宴会場をご利用いただきます。ここは、普段はレストランとして営業しているスペースです。

自由に組み立てられるレストランウエディングのコース料理

前菜やメインを自由に組み立てられる、
ラ・クラリエールのコース料理
レストランウエディングの魅力は、なんといってもお料理。ラ・クラリエールのコース料理は、味がおいしく盛り付けが美しいだけではなく、お二人が選びきれないほど自由度が高いんです。
お料理のジャンルは、フランスの田舎料理。ラ・クラリエールの雰囲気に合った、親しみやすいお料理を提供しています。

お二人やご親族に驚かれるのが、コースの組み立てが自由だという点。スープ、前菜、メイン、デザートなど、それぞれ平均7~8種類をご用意しており、1品ずつお選びいただけます。
元々はシェフおすすめの4つのコースをご用意していましたが、よりお二人の要望に応じたコースを設計したいという想いから、2015年より現在のスタイルになりました。

お料理の内容を決める際には、コースの試食会が行われます。お二人では食べきれないほどの種類があるため、ご家族もいっしょに参加されることが多いです。
試食会のときに、出身地ゆかりの食材の持ち込みや、その素材を使ってどんな料理ができるのかなどをご相談いただくこともできます。

また、併設のカフェで販売もしている焼き立てパンも、非常に人気があります。コースの一品としてお出しするのはもちろん、ゲストへのプチギフトや引き菓子としてもお使いいただけます。

併設のカフェで作られる焼き立てパンや菓子

充実した設備と広々したゲストの待ち合いスペース

充実した付帯設備
挙式についてのお話でもお伝えしたとおり、ゲストハウス内のレストランであるラ・クラリエールは、結婚式専門の会場と同じように、設備が整っています。ゲストの待合スペースも広く、手狭な思いをさせることはありません。

さらに特徴的なのが、レストランについているクローゼットスペース。受け付けを済ませたゲストは、クローゼットに自分で入って荷物を置いたりコートをハンガーに掛けたり…、まるで家に帰ってきたかのような気分になれます。

リラックスできるクローゼットスペースとウェルカムスペース

広々したクローゼット

広々としたこの空間は、自分のペースで荷物を整理することができ、リラックスできると好評です。

レストランウエディングにしかない特別な演出
ラ・クラリエールのレストランウエディングの最大の特徴は、シェフがガーデンで調理をするバーベキュー設備があるところ。これは、広い披露宴会場にはない演出です。

前菜のあとのメインを、お庭で調理するバーベキューに切り替えることもできます。

レストランウエディングでシェフが調理するガーデンバーベキュー

レストランウエディングでも豊富な食材が楽しめるガーデンバーベキュー

多くの方がお肉でのバーベキューを希望されますが、お魚のバーベキューも可能です。
室内での会食からガーデンへと場所を移し、ゲストが自然の中で好きな物を自由に取って食べられます。バーベキューを楽しめる式場というのはなかなかありませんから、ゲストにも喜ばれ、楽しんでもらえるでしょう。

四角テーブルでゲスト同士の会話も弾む
大きな会場ですと、テーブルは円卓になります。実は、同じテーブルに座るのでも、円卓では正面に座った方との距離が遠く、両隣のゲスト以外とお話ししにくいことがあります。

ラ・クラリエールのレストランウエディングでは、テーブルは四角い4名掛け。街のレストランと同様、同じテーブルを囲んだ方同士が、必ず話のしやすくなる距離感にしています。
お二人とゲストとの距離も極めて近く、ホームパーティーに招かれたような、親しみのある空間です。親族のみでの結婚式ではプロの司会が立つこともあまりなく、ご兄弟、ご友人が進行役を務められます。

会話が弾むテーブルでゲストとの距離も近づく

レストランウエディングに
まつわるQ&A

HAPPY GARDEN WEDDING

居心地の良さが光るレストランウエディングですが、一般的なホテルウエディングや専門式場のようにはサービスが整っていない会場もあります。
ラ・クラリエールに見学に来られる方の中にも、レストランウエディングについて不安を感じているという方もいらっしゃいます。
お二人がよく気にされる点や質問いただく点について、ラ・クラリエールではどのように対応しているのかをお伝えいたします。

Q レストランウエディングは会場が狭いイメージですが、ラ・クラリエールはどうですか?

一般的に、普段レストランとして営業している所で挙式や披露宴を行った際、会場が狭いため、新婦様が会場内を回りづらい状況になることもあります。
ラ・クラリエールでは、お二人やゲストが余裕を持って会場内を行き来することができるスペースを確保しています。
余ったスペースを、お二人が自由に飾り付けをすることも可能です。また、ゲストのお荷物は、出入りが自由なクローゼットでのお預かりになりますので、会場内で邪魔になることはありません。
もし、ゲストの人数が増えて、レストランの会場では狭くなってしまう場合、大きい披露宴会場に変更することもできますので、「狭くて動きにくい」「ゲストが窮屈な思いをする」ということはありません。

Q 会費制で行うことはできますか?

会費制でも行うことができます。年に数回程度ですが、会費制の結婚式をされるカップルもいらっしゃいます。ラ・クラリエールでレストランウエディングを行う場合、約30名までの少人数で親族が中心となるため、ご祝儀制をとられる方が多いのが現状です。

アットホームな空間でおいしいお料理を楽しむ、心温まる結婚式を

HAPPY GARDEN WEDDING

レストランウエディングと一口にいっても、広いレストランを使った大規模なものもありますし、ゴージャスな内装のレストランを使ったものもあります。
ラ・クラリエールのレストランウエディングは、森の中にたたずむかわいらしい一軒家のようなイメージ。
小ぢんまりとしていますが、プライベートガーデンがついているので開放感もあり、何よりも自宅でくつろいでいるかのような心地良さがあります。
身近な人と濃密な時間を過ごしたいお二人に、胸を張っておすすめしたいウエディングです。