Estimate

お見積りについて

ラ・クラリエールで結婚式を挙げる費用と予算について
――平均費用とお見積もりの見方

 

「こんなドレスが着たい」「家族や参列者に、これまでの感謝を伝える演出がしたい」。
自身の理想の結婚式を思い描くのはとても幸せな作業ですが、すべての希望を叶えようとしたときにネックになるのが「予算」だという人も多いでしょう。

限られた予算の中で理想に近い式を挙げるには、見積もりをしっかり確認して式場を比較・検討することが大切です。しかしながら、結婚式の見積もりは項目が多く、最初は「どの項目をどのように確認すればいいのか」さえわからないものです。
さらに、各会場のブライダルフェアや相談会に参加するまで、費用についての情報がほとんど得られないということも多いと思います。

ここでは、これから結婚式場を決めるというお二人に安心してラ・クラリエールにお越しいただけるよう、ラ・クラリエールの見積もりの考え方や、ゲスト数ごとの平均費用をご紹介します。さらに、ラ・クラリエール以外の式場の見積もりを見るときに気を付けていただきたいことなどもお伝えしますので、会場選びの参考にしてください。

 

ラ・クラリエールのお見積もりの作り方

ラ・クラリエールのお見積もりの作り方

ラ・クラリエールでは、セットプランを設けず、一組ごとにオーダーメイドでプランをお作りしています。
ウエディングプランナーが、お二人の「やりたいこと」をじっくり伺い、それを実現するために必要なものを組み合わせていくのです。

セットプランありきではなく、お二人のご希望ありきで結婚式を考えるラ・クラリエールの見積もりのメリットは、「実際の支払総額との差」が少ないことです。
「結婚式の見積もりは、あとからどんどん上がってしまう」という不安を抱いている方は多くいらっしゃいます。そういったことが起こらないよう、ラ・クラリエールでは初期の見積もりから、必要となりそうなすべての項目について明細と金額を提示し、できるだけ実際の支払額に近い金額をお出ししています。
最低限の基本項目だけを記載している見積もりや、お料理や装花などを最低ラインの金額で計算している見積もりに比べると、最初は「高い」と感じるかもしれません。しかし、あとから見積もりが大幅に変動することはありません。

まずは「やりたいこと」をすべて見積もりに反映した上で、譲れないものだけを残していくようにすると、内容面でも費用面でも、納得のいく式を挙げることができるはずです。

 

ラ・クラリエールで挙式をする場合の平均費用

ラ・クラリエールの挙式費用は、シーズンによって多少異なりますが、80名で400~450万円、60名で320~380万円ほどが平均的な金額となっています。

人数以外に見積もり金額が上がる要素として、代表的なものも確認しておきましょう。あてはまる項目が多くなるほど、平均費用よりも金額が高くなる可能性があります。

<お見積もり金額に影響する要素>

  • 時期:春や秋などの人気シーズンの挙式である
  • 装花:装花を豪華にする/時期によって入手が難しい花を使う
  • 衣装:ドレスのグレードを上げる/お色直しの回数を増やす
  • 料理:コースや飲み物のグレードを上げる
  • 親族衣装:両家のご親族の衣装代を負担する

 

予算をオーバーしてしまった場合

もし、見積もり金額が予算をオーバーしてしまったら、お二人の理想を実現できる範囲で内容を調整していきます。

「アイテムを減らす」「料理や装花の内容を変更する」などが、現実的な選択肢になることが多いです。優先順位を再確認しながら、できる限りお二人の意思を尊重できるようサポートしていきます。「どうしても内容を変えたくない」というお二人には、ウエディングローンをご紹介することもあります。

また、最初から「ラ・クラリエールで挙式したいが、予算があまりない」「できるだけ低予算で挙式したい」というご希望がある場合は、式のコンセプトを変えることで予算を抑えるご提案も行います。例えば、「お二人のための式」から「ゲストに感謝を伝えるための式」というようにテーマを変え、「ゲストとともに過ごす時間を大切にする」という視点でお色直しの回数や盛り込む演出の数を抑えて見積もりをすると、費用を抑えることができるかもしれません。

 

結婚式のお見積もりの見方

結婚式のお見積もりの見方

結婚式場を検討しているお二人は、ラ・クラリエール以外の式場も見学されることがほとんどかと思います。会場によって見積もりの書き方は異なりますが、どのような点に注意し、何を見ていけばいいのでしょうか。ラ・クラリエールの見積もりを例としながら、3つのポイントを解説していきます。

1. 項目ごとの明細に「必要なもの・量」がすべて含まれているか

見積もりをもらったら、項目ごとに明細、単価、数量をチェックしていきます。

ラ・クラリエールの見積もりでは、一番左に「Ceremony(式)」「Cuisine(料理)」といった「項目」があり、「明細」の欄でその詳細を説明しています。

例えば、「Flower(花)」の項目では「チャペル装花」「フラワーシャワー」「ブライダルブーケ」「メインテーブル」「ゲストテーブル」など、花を必要とする箇所が明細として並び、同じ列にそれぞれの単価・数量・明細ごとの合計金額が記載されます。また、一番右側にある「備考欄」で、各項目の最低金額や明細に含まれている内容などを記載しておりますので、参考にしてください。
「Photo(写真)」の項目であれば、明細に「記念写真」と「スナップアルバム」はあるが「映像」はないなど、自分たちが希望する内容がどこまで盛り込まれているかを確認し、必要なら追加してもらいましょう。

必要なものが不足していると、値上がりの原因となります。また、数量の変更によっても見積もりは変わりますから、事前にゲストの数をある程度確定させておくことも重要です。

2. 「持ち込み料」が必要なものはないか

招待状、席次表、席札などのペーパーアイテムや、式の中で流す映像を手づくりする際は、「持ち込み料」がかかる場合があります。

ラ・クラリエールの場合、各種ペーパーアイテムのほか、衣装、引き出物、ブーケなどに持ち込み料がかかります。「すでに手づくりしたい物が決まっている」「どうしても使いたい映像がある」という方は、持ち込み料が別途かかることをご想定ください。持ち込む予定のものを事前にお伝えいただけば、それらを加味した、より現実的な見積もりを出すことができます。

3. 項目ごとのグレード

お料理やドリンク、装花など、グレードによって金額が異なる物は、提示されているグレードがどのような内容なのかを確認しましょう。
特にお料理やドリンクは、人数やグレードによって大幅に金額が変わるため、注意が必要です。「フリードリンクに乾杯用のシャンパンやウェルカムドリンクは含まれているか」「子供用の料理を用意してもらう場合はいくらか」など、細部まで確認しておくことをおすすめします。

なお、ラ・クラリエールの見積もりでは、最初はベーシックなプリフィックス料理の価格が記載されています。このプリフィックス料理をベースとして、一部をお二人の思い出のお料理に変えたり、出身地の食材を取り入れたりといったアレンジのほか、すべてオリジナルのコースメニューをお作りすることも可能です。
こうしたアレンジをご希望の場合は、シェフを含めた打ち合わせで具体的な内容を決定し、見積もりに反映していきます。

 

結婚式の費用は「総額」で考えて

結婚式の初回の見積もりは、総額を抑えるためにアイテムのランクを低めに設定していることが少なくありません。また、見積もりを見て金額を抑えるために手づくりアイテムを増やしたものの、少額の持ち込み料が重なって、結局高くついたというケースもよくあります。

式場ごとの平均費用や見積もりの変動要因などと照らし合わせながら、なるべく早い段階で実際の支払額に近い金額を算出しておくようにすると、予算に関する不安を必要以上に抱かずに済むでしょう。

ラ・クラリエールでは、無理に金額の高いグレードをご提案したり、式場にご見学にいらした当日のご契約を迫ったりすることはありません。会場の雰囲気や予算などをしっかりと比較・検討した上で、お二人にとってベストな選択ができるよう、お手伝いさせていただきます。

ラ・クラリエールで結婚式をご検討の方

まずはブライダルフェアへ(無料)