Garden Wedding

ガーデンウエディング

木もれ日と風の中で

樹齢100年以上の大樹に見守られ
グリーンに囲まれた
ガーデンスペース
四季折々の時季(とき)を感じながら
記憶に残る結婚式が叶う

About Garden Wedding

ガーデンウエディングとは

「形式に縛られず、私たちらしい結婚式がしたい…」。そんなお二人にぴったりなのが、ガーデンウエディングです。
ガーデンウエディングの良さは、室内で味わうことのできない開放感。お二人とゲストの距離も自然と近くなります。また、自然に囲まれたガーデンには、
思わず写真を撮りたくなってしまうような素敵な場所が数多くあり、ゲストの気持ちも盛り上がります。
自然体でいられるのに、非日常感も味わえる。そんなガーデンウエディングの魅力をお伝えしていきましょう。

ガーデンウェディングなら、ゲストとの距離が自然と近づく

ガーデンウエディングの
スタイルと魅力について

STYLE AND CHARM

お二人の希望する演出を、さまざまな形で叶えられるガーデンウエディング。
組み合わせ次第で、いかようにも演出プランを組むことができます。

デザートビュッフェを始めとする。ガーデンウェディングのビュッフェは、魅力ある演出プラン

ガーデンウエディングのスタイルは千差万別
ガーデンウエディングには、挙式から披露宴までお庭で過ごすスタイルもありますが、挙式のみをガーデンで行ったり、乾杯やデザートビュッフェなど一部の演出にお庭を使ったりするスタイルが一般的です。
お二人がどのように過ごしたいか、ゲストにどのように過ごしてほしいかに合わせて、ガーデンと室内を自由に組み合わせることができます。
季節と思い出がリンクする、記憶に残る結婚式
四季折々の花や緑に囲まれたガーデンウエディングは、室内でとり行う結婚式よりも季節を楽しむことができます。
春の桜、夏の日差しと濃い緑、秋の落葉、そして冬のひんやりとした空気。そんな自然を肌で感じられるのはガーデンウエディングならではです。
お二人が結婚式を挙げた季節がまた巡ってきたときに、きっと結婚式の思い出がよみがえってくるはず。呼ばれたゲストの記憶にも残りやすい。
それが、ガーデンウエディングなのです。

ガーデンウェディングは、季節とともに思い出に残る結婚式

ラ・クラリエールの
ガーデンウエディング

LA CLARIERES'S GARDEN Wedding

ラ・クラリエールのガーデンウエディングにしかない魅力もあります。
「本質的なものを大切に、質素で素朴な結婚式を挙げられるように」。
ラ・クラリエールは、このコンセプトを体感していただくために、非日常と日常の同居を大事にしています。
敷地内には、お子さんが元気に走り回る「三橋の森保育園」や、ご近所の方がパンを買いに来られる「カフェ ボスケ」のほか、
「レストラン アキュイ」や「三橋の森カルチャースクール」があります。
そんな空間だからこそ、式を挙げるお二人も等身大のご自分を見せることができ、ゲストとの距離も自然と縮まっていくのです。

2次会にも使用できるカフェボスケ

シンボルツリーの前で行うガーデンウェディング

シンボルツリーに愛を誓う、
唯一無二のガーデン挙式
ラ・クラリエールでは、「チャペルでの挙式」のほかに、樹齢100年以上の桜のシンボルツリーに見守られる「ガーデンでの挙式」を選ぶことができます。
シンボルツリーは、この場所でずっと大宮の人々を見守ってきた、いわばご神木のような存在。
神秘的な空気に包まれながら愛を誓う、特別なガーデン挙式です。
あえて手を加えすぎない、
ありのままの森
ラ・クラリエールは、大宮駅からタクシーで10分程度とは思えないほど、自然な森の中にあります。
フランスの南部で見かけるような、手入れの行き届きすぎないお庭が特徴的です。
手を加えて整えようと思えばいくらでもできますが、私たちは「質素に、素朴に、本質を大事にしたい」という想いから、あえてそうしません。
秋に落葉樹の葉が落ちても、電飾などの装飾は行いません。
式を挙げるお二人、そしてゲストにより自然な四季の移り変わりを感じてもらうために、ありのままの森の姿を大事にしています。

四季折々の自然を感じられるガーデンウェディング

ガーデン挙式後に、プライベートガーデンでデザートビュッフェを楽しむ

プライベートガーデンで、
自由な演出を楽しむ
挙式後の披露宴は、ゲストの人数により、約30名が定員の小さなお部屋「ペルショワール」か120名まで着席可能な「カンティーヌ」をお選び
いただきますが、それぞれのお部屋には、プライベートガーデンがついています。プライベートガーデンをどのように使うかは、お二人次第。
プライベートガーデンでお二人がゲストをお迎えして乾杯をしたり、
乾杯とお食事のひとときを室内で過ごしたあとにデザートビュッフェでゲストに外に出てきていただいたりと、演出プランは無限に広がります。
プライベートガーデンですから、ほかの結婚式のゲストと鉢合わせる
ような心配もなく、アットホームな雰囲気で楽しんでいただけます。
ウエディングプランナーからシェフまで、
想いの強いスタッフがお手伝い
お二人の挙式当日まで伴走するウエディングプランナーはもちろんですが、ラ・クラリエールではシェフ、パティシエ、接客スタッフと、会場に愛着のあるメンバーがそろっています。
例えば、会場にはスタッフが手づくりしたり、一手間加えたりしたアイテムがたくさんあります。
こちらの写真に写っているハンガーも、会場の雰囲気に合わせてスタッフが手を加えた物。既製品のハンガーにやすりをかけ、一つひとつアンティーク調に仕上げています。

ガーデンウェディングの会場の雰囲気に合わせた手作りのハンガーと控室

ラ・クラリエールのガーデンウェディング演出は、飾り付けまで二人のこだわりを叶えます

ほかにも、クロークに荷物をお預けいただくときにお渡しする荷物札も、スタッフが手づくりしました。会場に一歩足を踏み入れたときからラ・クラリエールの雰囲気を体感していただくため、どんな手間も惜しみません。

ラ・クラリエールには、ご自分で会場の飾り付けをされたいという方がたくさんいらっしゃいます。中には、結婚式の1週間前にトラック2台分の持ち込みをされたお二人も。
当日、実際に飾り付けを行うのは、基本的に会場スタッフです。
ラ・クラリエールという式場が大好きだからこそ、お二人のこだわりの演出や装飾を実現するために、全力でお手伝いさせていただきます。

幸せなガーデンウエディングを
迎えるために

HAPPY GARDEN WEDDING

ガーデンウエディングで皆さんが心配されるのは、当日の悪天候です。
ラ・クラリエールは、結婚式専用のゲストハウスのため、雨でお庭でのイベントができなくても、
ほとんど同じ内容を室内で行えるお部屋を用意しています。

当日、前日が悪天候の場合

当日が雨の場合、挙式はチャペルで、披露宴はすべて室内でとり行われます。ガーデンで行うはずだった演出は、屋根のある別のスペースで実施します。
もし、前日に大雨が降った場合、ガーデンでの演出を予定どおり行えるよう、導線となる石畳や枕木の掃除をしたり、お庭の水はけを良くしたりと、
スタッフが全力を尽くします。それでもガーデンの状況が回復しない場合には、ガーデンでのイベントを中止していただくこともあります。
お二人やゲストのお衣装を汚してまで行うのはおすすめできないためです。

夏の暑さと冬の寒さについて

ガーデン挙式は、長くても20分程度です。その日の暑さ、寒さに応じて、ウエディングプランナーが外にいる時間を計算してご 案内しますので、ゲストがつらくなってしまうことはほとんどありません。
夏の暑い日には、屋外にいる時間を短くし、快適に過ごせるように配慮します。季節に応じて、うちわや体を冷やせる物をご用意しています。

冬場はゲストがお召しになっているコートをクロークに預けず、そのまま着ていただけるよう、スタッフが誘導します。
また、カイロやブランケットの貸し出しなども、気温や天候に応じて行っています。

季節に合った対策をご用意しておりますし、結婚式の準備段階で「ゲストがより快適に過ごせるように、こんなアイテムがあるといいですよ」といったアドバイスも積極的にしております。ご不安な点があればお気軽にご相談ください。
お二人、そしてゲストがより幸せに挙式当日を迎えられるよう、全力でサポートいたします。

Garden Wedding Simulation

ガーデンウエディングでの人前シュミレーション

01.準備

PREPARATION

手作りアイテムを飾りつけてふたりらしさの演出を

会場に手づくりのアイテムや思い出のグッズを飾ってふたりらしいおもてなしの準備をします また人前式の進行には決まりがないのでオリジナル性を重視するふたりにぴったりの挙式スタイルです

ゲストが待つツリーガーデンへ

お仕度を整えたふたりは グリーンのトンネルを抜けて広々としたガーデンスペースへ シンボルツリーの「桜」に見守られながらセレモニーがはじまります

02.挙式

CEREMONY

新婦入場

生演奏の音色に合わせてふたりが入場 ご家族との入場もOKです

誓いの言葉

ふたりが誓いの言葉を述べて 列席したゲストが祝福の拍手で承認します

べールアップ&ウエディングキス

指輪の交換やベールアップなどセレモニーの一番の盛り上がりシーンです

結婚証明書披露

ふたりが署名をした結婚証明書を披露し結婚宣言がされます

Rose to mother

一輪の白いバラに花言葉の「感謝」を込めて たくさんの「ありがとう」を伝えます

新郎新婦退場

祝福のシャワーに包まれながら退場 しばらくゲストとのフォトタイムを楽しみます

03.披露宴

RECEPTION

ペルショワールでおふたりらしい披露宴

家族や親族だけのフォーマルな食事会 友人中心のカジュアルパーティ 豊富なバリエーションに対応できるのは少人数向けのレストラン会場ならではです

椎の木の下でBBQ

オープンエアの専用グリルスペースで 友人や家族と楽しんだキャンプの醍醐味を再現することも可能

04.終了後

AFTER PARTY

おふたりが一緒に作った飾り付けで写真撮影

昼とは対照的に厳粛なムードの中でフォトタイム その後は敷地内のカフェボスケで大切な仲間たちとそのまま二次会で楽しむことができます

ガーデンセレモニー

CEREMONY

グリーンのトンネルを抜けると姿を現す広々としたガーデンスペース シンボルツリーの「桜」に見守られながらセレモニーが始まります
三橋の森には 古くから町を見守り続けている「桜」と「椎の木」が佇んでいます それぞれが樹齢100年を超える大樹で 式当日もお2人の幸せを願い見守り続けてくれます

桜ガーデンについて

収容人数 2∼80名
特徴
  • 木漏れ日溢るグリーンのアーチ
  • 樹齢100年をこえる桜のシンボルツリー
  • 四季の移ろいを生かしたその瞬間しかない表情を感じることができる